• 神戸 三ノ宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィス

  • 診療時間
  • TEL:078-332-4182 ネット診療予約

MENU

手軽にリーズナブルにできる部分矯正
プチ矯正 Puchi orthodontic treatment

低コストでの矯正治療が可能 プチ矯正

通常の矯正治療より低コストで行なえるちょっとした矯正治療のカテゴリー総称を神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは「プチ矯正」と名付けております。

矯正治療といっても、様々な治療方法があります。

口全体の矯正が必要な場合もあれば、1歯、2歯程度を動かすだけで口元が綺麗になる場合もあります。神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、最も適した治療法をご提案させて頂きます。

矯正治療は非常に金額が高いというイメージがあるかと思いますが、口全体の矯正と1歯、2歯程度を動かすだけの矯正治療では、もちろん金額も変わってきます。

プチ矯正は、歯を抜かない矯正治療から歯を抜く矯正治療、そして代表的な「スライス矯正」、「MTM矯正」など色々あります。

特に本ページでは、「スライス矯正」と「MTM矯正」についての詳細を掲載しております。

また、一般的な「スライス矯正」と「MTM矯正」だけでなく、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスの技術だからこそできる「プチ舌側矯正(裏側矯正/リンガルアーチ)」もございます。治療中の見た目・審美性も配慮した矯正治療方法のプチ矯正治療です。

是非、矯正治療中の見た目が気になる方は、本ページに掲題しているプチ矯正や、本院と運営をしている神戸六甲矯正テクニカルセンターのホームページをご覧ください。

歯を抜く代わりに少し研磨して(スライス)歯を並べる方法 スライス矯正

通常、乱ぐい歯や八重歯を治す場合、小臼歯という歯を抜いてスペースを作る必要がありますが、その程度があまりひどくない場合、抜くとかえってスペースが余ってしまったり、抜きたくないとおっしゃる方、ご病気で麻酔ができない方などの場合に、歯を抜く代わりに少し削って(スライス)歯を並べる方法です。
歯の表面はエナメル質という組織があり、その下に象牙質という組織があります。エナメル質の厚みは1.5mmありますが、その1.5mmのエナメル質を0.25~0.50mmスライスします。このくらいの量のスライスをしても歯にダメージはきません。

ちなみに、スライスしたからといって、虫歯になることはありません。(スライスした面は十分研磨します)むしろ歯が込み合ってる方が、虫歯や歯周病の可能性が高まります。

また、スライス矯正の場合は、大幅に治療期間が短縮されます。(大体、抜歯矯正の半分から3分の1程度)さらに、前歯が大きい方にとっては、スライスすることにより、より見た目が美しくなります。

ちなみに、スライスする際に痛みはありません。理由としてエナメル質には神経がないからです。

スライス矯正症例

スライス矯正症例1 スライス矯正症例2
より多くの症例をご覧になられたい方は、本院と運営をしている神戸六甲矯正テクニカルセンターのホームページをご覧ください。
【スライス矯正の症例はこちらをクリック>>>】
このように、 神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、スライス矯正にも対応しておりますので、矯正治療をお考えの方は、是非、当院へご来院下さい。

MTM部分矯正

MTM部分矯正は、小矯正とも呼ばれる矯正方法です。大きく通常の矯正治療と異なる点は、口全体の矯正は全ての歯を動かして良い噛み合わせを作り出すのに対して、ピンポイントに移動させたい歯だけを狙って目的に応じて矯正治療を行なう方法です。
動かす歯も基本的には1歯から上下で12歯ぐらいで、比較的短期間で移動させ、その他の歯や固定源となる歯をできるだけ動かしません。

また、本来では抜かなければならいような歯を最大限生かして、できるだけ長く使うためにも用いられることもMTM部分矯正の特徴の一つです。

MTM部分矯正は、ひと口に言っても方法は様々で、治療の目的に応じて最適な方法を選択し組み合わせて行ないます。MTM部分矯正では、次のようなことができます。

引っ張り出す
引っ張り出すことを挺出といいます。
挺出には、装置を使って引っ張り出す方法と外科的手術を用いる方法と自然な歯の挺出を方法と3つあります。
傾いた歯を真っ直ぐ起こす
傾いた歯を真っ直ぐ起こすことを整直といいます。倒れてきて噛めなくなった歯を元のように起こします。歯を起こすことによって、歯の掃除がし易くなるメリットもあり、歯周病の原因を取り除き易くなります。

尚、歯を起こすにはワイヤー+オープンコイル法、アップライティング・スプリング法、TEK+オープンコイル法と言った3つの方法があります。

歯を起こす理由は、歯が抜けたまま放置していると隣の歯が倒れてきてしまって、治療したくてもスペースがないため、スペースを作る必要性があるためです。
移動させる
回転させる
引っ込める
上記のような方法で、ピンポイントに移動させたい歯だけを狙って目的に応じて矯正治療を行なう方法です。
神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、MTM部分矯正治療にも対応しておりますので、矯正治療をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

尚、本院と一緒に運営をしている「神戸六甲矯正テクニカルセンターサイト」内に、部分矯正の症例を含めた、プチ矯正の症例を掲載しておりますので、そちらも併せてご覧下さい。
【プチ矯正の症例は、こちらをクリック>>>】

その他のプチ矯正について

プチ歯を抜かない矯正
プチ抜かない矯正は、スライス矯正や拡大矯正がございます。コストを抑えて、尚且つ歯を抜かない矯正をご希望の方は、プチ歯を抜かない矯正をご提案させて頂きます。プチ歯を抜かない矯正についてご興味がおありの方は、是非、無料カウンセリングをご利用下さい。
また、スライス矯正については、本ページの上部に掲載しておりますので、そちらをご覧ください。
プチ舌側矯正(裏側矯正/リンガルアーチ)
プチ舌側矯正(裏側矯正/リンガルアーチ)も神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、対応が可能です。
本来、舌側矯正(裏側矯正/リンガルアーチ)は、上顎か下顎全体で対応する矯正治療方法ですが、矯正歯科を専門としている当院では、前歯4本だけのプチ舌側矯正(裏側矯正/リンガルアーチ)の対応も可能です。

この変則的な治療方法は、当院の矯正技術があってこそ対応が可能な方法なのです。しかも、コストも抑え、尚且つ治療中の見た目・審美性も得られる画期的な矯正治療と言えます。(※お口の状態によっては対応できないケースもございますので、まずは無料カウンセリングをお受け頂くことをお勧めいたします。)

プチ舌側矯正(裏側矯正/リンガルアーチ)についてご興味がおありの方は、是非、無料カウンセリングをご利用下さい。
尚、通常の舌側矯正(裏側矯正)の詳細は、こちらよりご覧いただけます。【詳しくはこちら>>>】
プチ歯を抜く矯正
プチエステティックプチエステティックを狙う矯正を目指します。プチエステティックとは、Eーラインを狙った矯正です。E-ラインとは、美しい横顔(プロフィール)の基準としてアメリカの矯正歯科医のDr.リケッツにより研究発表されたものです。簡単に言うと、鼻の先端とあごの先端を結んだ線をE-ライン(Esthetic-line)と称し、このE-ラインからの唇の後退突出の程度により側貌上のバランスの良否をつまり美しい横顔を二次元的に判定する方法を意味しています。
Eーラインにご興味がおありの方は、是非無料カウンセリングをご利用下さい。

診療案内

  • うしじま歯科クリニック
  • 歯周病専門サイト
  • ホワイトニング専門サイト
  • 神戸六甲矯正テクニカルサイト
  • 神戸六甲インプラントテクニカルサイト
  • 灘ステーション保育園