• 神戸 三ノ宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィス

  • 診療時間
  • TEL:078-332-4182 ネット診療予約

MENU

小児からの口腔育成矯正
小児歯列矯正 Pediatric Orthodontic

子供の矯正について

神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスは、自分の子供ならどの矯正をさせるかという視点で患者様を診ている矯正歯科医院です。最も適した矯正治療法をご提案させて頂きます。
本ページに歯列育形成の矯正治療法を3つ掲載しております。

お子様の矯正治療をお考えの親御様は、是非一度ご参考頂ければと思います。
確実に顎を広げる矯正
(脳の成長まで考える矯正)
確実に顎を広げる矯正詳細はこちら
機能的矯正
(筋肉バランスを整える矯正)
機能的矯正詳細はこちら
床矯正
(コストを抑える矯正)
床矯正詳細はこちら

確実に顎を広げる矯正

確実に顎を広げる矯正は、筋力を活性化させて行なう機能的矯正よりも早く治療を終えることができる矯正治療方法です。確実に顎を広げる矯正のメリットとして、鼻空が広がることにより酸素不足を解消し、脳の発育も良くなると言われています。
昨今問題となっているADHD(注意欠陥多動性障害)にも関わる内容です。
上記の白の円で囲っている部分が広がることにより、鼻空が広がり酸素が良く通るようになり、良い効果がえられるとされています。
また、耳鼻咽喉科の先生もおっしゃられているのですが、上顎骨は10歳までで成長が終わるため、顎を広げるなら10歳までが良いとされています。

勘違いをされないで頂きたいこととしては、顎を広げるからと言って顔が大きくなるわけではありませんので、ご安心下さい。 「確実に顎を広げる矯正」具体的な症例を、本院と一緒に運営をしている「神戸六甲矯正テクニカルセンターサイト」内に掲載しておりますので、そちらも併せてご覧下さい。

筋力を活性化させる矯正治療 機能的矯正

機能的矯正とは、歯を抜かずに、筋肉を活性化し「筋機能のバランス」を整えることに主眼をおいた矯正治療の方法です。
機能的矯正の考え方は、
1) 異常な筋機能は、不正な咬合(噛み合せ)を導き
2) 正常な筋機能は、正常な咬合(噛み合せ)を導く
つまり、筋機能に戻すことが出来れば、「正常な咬合を取り戻すことができる」ということです。

その人にあった、唇の力・舌の力・あごの動き、それぞれの力が相まってようやく治癒する。
それが、機能的矯正です。歯並びは、「機能の調和」によって成り立ちます。
この「機能の調和」こそが、機能的矯正によっておこる結果なのです。

機能的矯正
  • 一次矯正(前段階)
  • 費用が安い
  • 歯を抜かない・削らない
  • 痛くない
  • 大人になるとできない
  • 二次矯正をしなくて済む可能性が高まる。
    または二次矯正の期間が短くて済む場合が多い
  • 食事の時には取り外す
ブラケット矯正
  • 二次矯正(本格矯正)
  • ある程度の費用が必要
  • 成人からでもできる
  • 成人からはじめたブラケット矯正は治療の期間が長期になることがある
  • 食事の際もつけたまま
機能的矯正装置とは...取り外し式の矯正装置と考えていただいてよいと思います。
ただし、実際のところ、取り外し式の「床矯正装置」とは違う分類の中にあります。
ご説明の際には、分かりやすいよう、「取り外し式の矯正装置である」とお伝えしています。
問題があればすぐに取り外せるという利点もありますが、つけていなければ治らないのも事実です。
お口に入れている時間に比例して、改善のスピードも速まります。
患者様の特性に合わせて、根気良く当院では治療をサポートしています。

普通の取り外し式装置は、付属するバネやスクリューの力で歯を動かします。機能的矯正装置は、装着される方の噛む力や舌の力などが、装置を通じて歯と顎に働きかけるため、自然な回復が見込まれます。また、他の装置に比べて、歯だけが傾いていくという現象が起こりにくいのも特徴です。

※当院では、顎の拡大を促進するために「床矯正装置」を併用することもあります。

神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、機能的矯正装置での可能な限りの改善を目指し、ブラケットをつけるのはやはり最後の最後の選択にするという方針で治療を進めております。

また、機能的矯正装置による治療方法について、「機能的矯正装置は時間がかかる」そんな風に考える歯科医師の方もいます。
なぜ、時間がかかるのに良い装置なのか?そうお感じになる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、間違えないでいただきたいのは、「時間がかかるからいい」ということです。

ゆっくりと、自分の力でバランスをとっていくため、「後戻りがしない」のが、この機能的矯正装置の最も優れた利点でもあります。
「あっという間に治る=すぐ元に戻ってしまう」、そういうことなのです。

神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、機能的矯正装置を主軸とした、後戻りがない根本的な矯正治療を目指しています。

尚、本院と一緒に運営をしている「神戸六甲矯正テクニカルセンターサイト」内に、機能的矯正装置を使った症例を掲載しておりますので、そちらも併せてご覧下さい。

歯を抜かない矯正治療 床矯正・矯正治療

床矯正抜歯を伴う矯正治療が主となっているのが事実ですが、抜歯せずにできる矯正治療もあります。ここでは歯を抜かない矯正治療=床矯正・矯正治療を紹介します。

床矯正(しょうきょうせい)装置は、1935年ウイーンの歯科医師シュワルツ【Schwarz】が「床矯正」の基礎を樹立しました。そのためこの装置を「Schwarzの矯正床」とよびます。

当時の矯正器具は、貴金属を使った高価なものでした。第一次大戦の敗戦で、ドイツは、経済不況に陥り、ナチス・ドイツは歯科医療に貴金属の使用禁止を指示しました。シュワルツは、矯正治療を必要とする患者さんのために「床矯正装置」を考案しました。

この方法は、貴金属を固定源にするのではなく、入れ歯を固定源にすることで、歯を動かしたり、顎を拡大する装置です。装置は、可撤式ですから、必要に応じて装置は自分ではずせます。

保存と立場で考える床矯正治療では、顎が小さく葉が並ぶことができないならば、歯を抜くのではなく、正しい顎の大きさに顎を拡大します。顎を拡大する装置を「可撤式床矯正装置」といいます。装置は入れ歯と同じで、簡単に取り外しができます。入れ歯のプラスチック部分を「床」と呼びます。入れ歯を利用してネジの装置で顎を広げたり、歯を動かす装置と考えて下さい。

以後、ヨーロッパでは貴金属を使用しない床矯正が普及しました。1960年代までのヨーロッパでは床矯正が主流の治療方法でした。また、ヨーロッパは広く社会福祉が普及したため、矯正専門医ではなく、開業医が矯正治療を処置していました。

一方アメリカでは、歯を抜歯してスペースを作り、教条的治療で厳密な治療が進歩したため、矯正歯科専門医のみが治療してきました。

日本の矯正学は、アメリカの矯正治療が主流のため、あまり床矯正による治療方法は普及していないのが現状です。

一般歯科の治療も矯正歯科の治療も、治療目的によって治療方法が異なるのは当然です。
従来の矯正は、口腔外科を基本としています。補綴の立場の矯正治療が審美歯科です。床矯正による矯正治療は、保存的治療です。

どの治療方法が良いという答えはありませんが、色々な治療方法を患者様が選択できるように、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは矯正治療についても豊富な治療方法のご提案が可能です。矯正治療をお考えの方は、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスへお越し下さい。

また、床矯正治療では、下記の写真のような矯正装置を装着します。

尚、 矯正治療において、12~15才からの治療開始がもっとも良いといわれるのは、抜く歯(第一小臼歯・前から数えて犬歯の次の歯)が生えてくるからです。この歯は1O才半~11才頃生えてきます。つまり、抜く歯が生えるのを待っているのです。歯が並ばない小さい顎に歯並びを揃えるのは当医院としては納得できません。人間の器官に無駄はありません。歯を 抜くことで、全身のバランスを崩す危険もありますし、特に子どもの場合は咬む刺激が減少することにより、顔の改善は期待できなくなるでしょう。

また、人間の顔の発育は2回あります。

1回目は、生まれてから6才までですから、生まれてから6才までのお子さんの顔は毎年変化します。でも小学生の間はあまり顔つきは変わりません。歯が並べない顎は、1回目の顔の発育の徒競走に負けたのです。この時期の顎の発育が不良だったので、歯が並べない顎になり、顎が萎縮していたのです。

11才になる小学校5年生から顔が再び変化します。6才までに正しく発育できなかった顔を1O才までに治して11才からの徒競走には白分の力で発育させるのが大切だと話しています。

次の発育の開始は、11才からです。女子は14才ごろ発育が終了してしまいます。
治療の目的は、歯が並べばいいのではありません。良い顔に発育するための正しい咬む刺激が必要なのです。発育不足の顎を1O才までに機械的に治療して、11才以降は白分の咬む刺激で「良い顔」を作ることが矯正治療の目的と考えています。歯並びの問題は単純に顎と歯だけの間題だけではありません。

一生の顔の形に関わる大切な問題です。治療開始は「おかしい」と感じた時が治療の時期です。様子を見ていたら、発育不足の萎縮した顔のままです。特に女の子は約14才で発育が終了してしまう子もいます。「おかしい」と感じたら、様子を見ていないで早期に治療を開始しましょう。

ちなみに、正常の発育で、10才半から11才前ならば、犬歯が生えていません。それ以前の治療ならば、問題があるのは前歯だけですから前歯だけの治療で終了するケースが殆どです。

小児歯列矯正をお考えの親御様は、是非、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスへご来院下さい。また、本院と一緒に運営をしている「神戸六甲矯正テクニカルセンターサイト」内に、床矯正の症例を掲載しておりますので、そちらも併せてご覧下さい。

診療案内

  • うしじま歯科クリニック
  • 歯周病専門サイト
  • ホワイトニング専門サイト
  • 神戸六甲矯正テクニカルサイト
  • 神戸六甲インプラントテクニカルサイト
  • 灘ステーション保育園