• 神戸 三ノ宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィス

  • 診療時間
  • TEL:078-332-4182 ネット診療予約

MENU

薬で虫歯を治す
ドックスベストセメント・MTAセメントDoc's Best & MTA cement

虫歯治療(ドックスベストセメント法)について

虫歯治療(ドックスベストセメント法)について虫歯の治療というと、何をイメージしますか?
  • 痛い麻酔の注射をしてキーンと削られて、詰められたり被せられる。
  • 頑張って治療に通ったはずなのに、また痛くなる。
  • その度に削られて、どんどん自分の歯は小さくなる。
  • やがて、「もう抜くしかないですね」と言われる・・・・。

当院では、少しでも痛くなく、削らない治療について研究してきました

当院では、少しでも痛くなく、削らない治療について研究してきました誰だって痛いことは嫌ですし、歯医者さんだって本当はしたくないのです。
そもそも虫歯というものは、虫歯菌による感染症です。
虫歯菌が歯に感染して、歯を溶かす酸を出します。 酸によって歯は溶かされ、より深い所へ菌は入っていきます。 そこでまた酸を出し、やがて歯の中心部にある歯髄(神経と血管の袋)まで到達し、感染。痛みが起きてくるのが虫歯なのです。

感染した所はすべて切り取る、削り取る、痛まないように神経を抜いてしまうというのは、21世紀にもなって少々古典的といいますか、乱暴な感じがしませんか?
そもそも通常、感染と言えばお薬で治すのが一般的イメージですよね?

そこで、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスで取り入れている虫歯治療のお薬「ドックスベストセメント(Doc's Best)」についてご紹介いたします。

ドックスベストセメント(Doc's Best)について

ドックスベストセメント(Doc’s Best)は、虫歯を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。
また、様々なミネラルが虫歯菌の酸によって軟らかくなった歯を硬くしてくれます。
つまり、ただ虫歯が治るだけでなく、再発を予防してくれる優れたお薬なのです。

ドックスベストセメント(Doc's Best)は、アメリカ合衆国で公的機関の厳しい検査・許可を受け、商品化されております。お薬と言いましても、抗生物質などとは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした、様々なミネラルから造られた人体に優しいお薬です。

ちなみに、アレルギー検査では、歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でもっともアレルギーが無いというデータが出されています。
子どもからお年寄りまで安心して使えるお薬です。身体に害がなく、薬剤耐性菌を作る心配もなく、作用が弱くなることもありません。

神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、このドックスベストセメント法を導入しておりますので、虫歯でお困り・お悩みの方は、是非、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスへご来院下さい。

Doc's Best(ドックスベストセメント)の治療の流れ

ステップ:1

ステップ:1

まず、歯髄近くまで進行している虫歯の表面を除去します。
※全ての虫歯を除去するわけではありません。
※虫歯が深いケースでは局所麻酔を使用します。
ステップ:2

ステップ:2

表面を除去した虫歯の面にドックスベストセメントをコーティングしていきます。
ドックスベストセメントの殺菌作用と再石灰化作用によって深部の虫歯が殺菌され再石灰化していきます。
ステップ:3

ステップ:3

最後に最終的なつめものをして終了となります。
※詰め物の種類は虫歯の大きさや歯の状態により最適なものを選択します。

これだけ良い薬なのに、なぜ他の歯医者さんは使わないのか?

理由は、大きく二つあります。
①日本の保険治療ではまだ認可されておらず、保険が効かない(自費診療)
②適応症やお薬の詰め方が難しく、特殊なトレーニングや熟練のテクニック・経験が必要。

歯を削らないことは、痛くないだけでなく、歯の寿命を延ばします。
どれだけ高い入れ歯や詰め物、被せ物も自分の歯には勝てません。
しっかり噛めることは、内臓を守り、全身の健康にもかかわります。

MTAセメントについて

虫歯治療(ドックスベストセメント法)について 虫歯で下記のようなお悩みはございませんか。
  • 虫歯が神経の近くまで進行してしまった
  • 歯の根の治療をしたが痛みや腫れが収まらない
  • 神経を抜いた歯にヒビが入ってしまった
上記のような症状になってしまった歯は非常に状態が悪く、最悪の場合、抜歯の可能性がでてきます。
しかし、このような状態になった歯でも、極力残すために行う、比較的新しい治療方法がMTAセメントです。MTAセメントは殺菌効果のあるセメントで、虫歯で穴が空いてしまっり、ヒビが入ってしまった箇所を埋め、歯の中への細菌の侵入や繁殖を抑えることができます。

MTAセメント4つの特長

①優れた殺菌効果がある
多くの細菌はアルカリ性に弱いです。MTAセメントは強いアルカリ性なので、優れた殺菌効果があります。
そのため、進行の進んだ虫歯の治療や根管治療(歯の根の治療)の際に、殺菌をしながら治療したところを補うので、虫歯再発のリスクを下げることができます。
②高い封鎖性
根管治療で神経を取り除いた後、通常は天然ゴム製の根管充填材を用いります。
その際に接着剤を塗りながら、歯の穴を埋めていきますが、接着剤が少しでも塗れていなかった場合、そこから隙間ができてしまいます。
しかし、MTAセメントは歯に接着する特徴もあるので、接着剤との併用が必要無く、非常に高い封鎖性を発揮します。
さらに、固まっていく際に膨らむので、しっかり歯の穴やヒビを塞ぐことができます。
③水分があっても硬く固まる
歯科治療で用いる材料の多くは水分に触れると固まらなかったり、溶けてしまうこいとが多いです。
しかし、口腔内は、歯の中と言えども唾液や血液など水分に完全に乾燥させることはできません。
一方MTAセメントは水分に触れても固まることができるので、高い精度で歯の穴やヒビを塞ぐことができます。
④身体に優しい
MTAセメントの成分は身体に優しいので、非常にデリケートな歯の根の中や、直接人体に触れるような部分でも安心して使用できます。
また、MTAセメントの周囲には新しい組織が作られるほど、人体との相性が良いです。
MTAセメントには、上記のような特長があるので、歯の神経を抜かなければならないような治療においても神経を残すことができたり、たとえ神経を抜いたとしても、それ以上歯が弱くならないようにする治療の際に非常に有効です。
MTAセメントは万能薬ではありませんが、かなり進行してしまった虫歯でお悩みの方や、根の治療をした歯を守っていきたい方は、是非一度、当院にご相談ください。

診療案内

  • うしじま歯科クリニック
  • 歯周病専門サイト
  • ホワイトニング専門サイト
  • 神戸六甲矯正テクニカルサイト
  • 神戸六甲インプラントテクニカルサイト
  • 灘ステーション保育園