• 神戸 三ノ宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィス

  • 診療時間
  • TEL:078-332-4182 ネット診療予約

MENU

歯根治療(歯の根の治療)
Root canal therapy

歯の根の治療(歯根治療・根管治療)とは

根管治療の流れ根管治療の流れ上の図のような虫歯に感染した歯の神経を取る治療を、歯根治療・根管治療と言います。しかし、この治療は非常に困難な治療で、もし「虫歯治療で神経を取る(抜髄)」→「根の充填が足りない」→「隙間に細菌が進入」→「抵抗力が落ちると炎症が起こる」ということになると再発してしまいます。

なぜ、このような事が起こるかというと・・・。
歯の中には、神経があり虫歯が神経に到達していた場合、神経を取り除き、その後お薬が先端まで入っていないとその隙間にばい菌や細菌が溜まっていきます。治療後すぐには、抵抗力で抑えているので、痛みなどは現れないことが多いですが、加齢や病気になることにより抵抗力が落ちてくると段々とこのばい菌や細菌が大きくなり、炎症を起こすことになります。

ちなみに、痛みがなければ、それでいいのかというと、そうではないです。なぜなら歯や歯茎の慢性的な炎症が思いがけない病気を招くことがあるからです。歯茎や歯根の先の炎症が原因で関節や心臓、腎臓、目などに病気が現れるケースもあります。

逆に、歯の治療をしたらなぜかリュウマチが治ったや腎臓の調子が良くなったや長年の心臓病で毎日のように起こっていた発作がすっかり治ったというケースもあります。これを歯性病巣性感染症といい、歯からこれだけの病気がくることもあります。

この歯性病巣性感染症は、最近よくテレビで取り上げられている「歯周菌が突然死の原因になっていた」や「心臓発作の原因になっている」などです。

しかし、口の中は基本的に症状がでにくいところになっているため、 原因となる炎症は自覚症状がないか、あっても程度の軽いもののため、気付かないうちに、全身にばい菌がばらまかれて関節が弱い人は、リュウマチになったり心臓が弱かったら心内膜症になったりするということになります。

だからこそ、歯性病巣性感染症というのは徹底した治療をして頂きたいと思います。
小さな炎症でも慢性化する前に根本的に治療しておくことが大切です。

当院での歯根治療・根管治療症例

根管治療症例レントゲンのように、神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、しっかりと根の先まで薬が到達するように歯の根の治療を施します。
人間にとって1ミリや2ミリはたいしたことない隙間でも、ばい菌にとっては十分な隙間です。そのような隙間ができないように、歯の根の先端まで薬が到達できる技術を神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスは持ておりますので、ご安心してご来院下さい。

マイクロスコープを用いた精密根管治療

マイクロスコープ従来、この複雑で困難な根管治療は「肉眼」で行われていました。
しかしながら、肉眼では非常に複雑に入り組んだ根管の詳細を確認しながら治療することは困難です。そのため、どうしても治療の多くの部分を勘や経験に頼らざるを得ず、原因もはっきりしないままに、「再治療」、あるいは「抜歯」の選択を迫られることがありました。

しかし、視野を20倍以上まで拡大してくれるマイクロスコープを導入することで、今まで肉眼で見えなかった部分が見えるようになり、問題のある部位を目で確認しながらの治療が可能になりました。その結果、治療が可能となる歯が増え、抜歯という選択を避けることの出来る可能性が、大きく上がりました。
難しい歯の根の治療
先に説明したような症状が、起こる原因としては、「なぜ薬が歯の根っこの先まで詰っていないか?」ということになります。

これは、非常に難しい治療になるため、 根っこの先まで詰っていないケースが多いです。

歯茎の中に歯が埋まっており、根っこの先とはどこかというと、判り易く皆様にお伝えするならば、目をつぶって針に糸を通すようなもので、目の見えないところの0.1ミリや0.2ミリのことを追求していかなければならない非常に難しい治療です。

神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、歯の根の先まで、しっかりと薬を入れれる技術を持っていると自負しておりますので、歯の根のことについてお悩みの方は、是非当院へご来院下さい。

歯の根の病気と治療について

歯の根の治療(根管治療)をする時は、主に2つの場合があります。

歯髄炎の場合

虫歯を放っておくと、虫歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して、歯が凍みたり痛んだりします。
これを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。 歯髄炎 歯髄炎

根尖性歯周炎の場合

虫歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間がたってしまった時や以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起こした時に根の先端(根尖)に膿が溜まってきます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。 根尖性歯周炎 根尖性歯周炎
治療の後で歯が浮いたり、強く噛むと痛みが出ることが時々ありますが、ほとんどの場合3日~1週間で自然に治ります。
できるだけ歯を抜かない治療をすすめておりますが、そうなる前に定期的な検診を受ける習慣をつけましよう!

これらのように虫歯菌が感染した神経や腐敗物などの感染源をきれいに取り除くためにリーマーという器具を使って、根管内を内部から拡大清掃し、きれいになった根管内をガッタパーチャなどの根充材(根管内を埋める薬)で封鎖していくことが根の治療です。根管は十分に消毒された後、完全に封鎖されることにより細菌の感染から守れます。
根管は非常に細く形も複雑な為、この治療には大変な時間と労力が必要です。歯を長持ちさせる為には、決して欠かすことのできない重要な治療なのです。

神戸 三宮の歯科(歯医者)三宮・京町デンタルオフィスでは、歯の根の治療にも力を入れています。
歯髄炎根尖性歯周炎などで、お悩みの方は、お気軽に当院へお越し下さい。もちろん、インターネットからもお問い合わせも受け付けております。

診療案内

  • うしじま歯科クリニック
  • 歯周病専門サイト
  • ホワイトニング専門サイト
  • 神戸六甲矯正テクニカルサイト
  • 神戸六甲インプラントテクニカルサイト
  • 灘ステーション保育園